un coin quelconque de ce qui est

ドイツ・フランスの解釈学・美学関連の論文を翻訳・紹介

2014-02-01から1日間の記事一覧

ポール・リクール「ジャン・ナベールによる行為とシーニュ」(1962)

[以下は Paul Ricœur, «L'acte et le sign selon Jean Nabert» (dans: Le conflit des interprétations. Essays d’herméneutique, Paris:Seuil 1969.) の試訳] 本稿は、ナベール哲学における困難について比較的詳細に、また比較的緩やかに調査するのだが、か…